雑記帳

雑記帳

ぼやきと覚え書き。

出来た!Office 365 Solo アプリケーションの選択インストール

Office 365 BusinessからOffice 365 Soloへ

いつの間にかOffice 365 Soloの、アプリケーションのインストール台数制限がなくなっていました。

2018年10月2日からだそうです。すでに始まってた。

月額だけで言えば、Office 365 Business 10,800円に対し、Office 365 Soloは12,744円と、年間1,944円高いままだけど、

  • やっぱりOneDriveが2個あるのは扱いにくい
  • CPUヨワヨワWindows10タブレットにも、フル機能のアプリケーションが入れられるようになった

という理由で、Office 365 BusinessからOffice 365 Soloへ切り替えることにしました。

全てのアプリケーションがインストールされてしまう

Office 365は、前のBusinessもそうだったけど、Soloも管理画面からインストールする仕組み。

f:id:nancyuchino:20181024181033p:plain

これに従って、一番、用量に余裕のあるPCにインストールしてみたら、PublisherもAccessもしっかりインストールされました。いやいや。結局使うのはWord・ExcelPowerPointだけで、他は使いこなせません。
と言って、PublisherやAccessだけをアンインストールしようとしても、コントロールパネルからは出来ない。そういう仕様です。

前と同じように、選んでインストールしてみる

Office 365 Businessでインストールする時に、Office 2016 Deployment Toolを使って、Word・ExcelPowerPointのみを選ぶことが出来ました。

なので、今回も試してみることに。

ところが、

次の Office 365 製品 ID は、Office 365 展開でクイック実行用の Office 展開ツールでサポートされています。
O365ProPlusRetail
O365BusinessRetail
VisioProRetail
ProjectProRetail
AccessRuntimeRetail
LanguagePack

Product IDにどれを入れたらいいのか判らない。だって、どれも絶対違うじゃない。

でも、探せばやったことある人もいらっしゃるんですねー。

正解は、O365HomePremRetailだそうです。

ここでまとめ

  1. Office 2016 Deployment Toolをダウンロードする
  2. ダウンロードされたexeファイルをダブルクリックして展開する
  3. 「configuration.xml」を準備する
    (今回のケースと同じものでよければ、ここに置いたので使ってください)
  4. コマンドプロンプトを起動し、必要に応じて示されたフォルダに「setup.exe」と「configuration.xml」を移動する
  5. コマンドプロンプトで「setup.exe /configure configuration.xml」と入力しEnter。若干時間をおいてインストールが開始される。

おおっ、おかげさまで無事、Word・ExcelPowerPointのみインストールされました。

Office 365 Soloにしたことで、Skypeの無料通話がついて来ました。話す相手もいないけど、どこかで使いたいなあ。
ただ、このSkypeで電話すると、相手には非通知になるんですよね。Skype番号を入手しても、日本では非通知だか、通知不可能だかになるらしくて。どうやって使おうかな。